森川葵のワイルドスピードの運動神経は本物?何でもできる理由や集中力の秘訣を紹介!

森川葵さんの運動神経が話題になっていることはご存じでしょうか

森川葵さんと言えば、モデル、女優であり、「カメレオン女優」と呼ばれる演技を魅せており、『ナンバMG5』などに出演しています。

近年では、バラエティ番組にも出演することもあり、『それって⁉実際どうなの課』では数々の偉業を達成し、SNSでも話題になっています。

今回は、そんな偉業を達成し続ける森川葵さんの運動神経はほんものなのか?何でもできる理由や集中力の秘訣など紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

森川葵の運動神経は本物?ワイスピの実力の真相は!

 

森川葵さんは、『それって⁉実際どうなの課』にレギュラー出演しており、数々の偉業を達成してきています。

そのスゴ技を爆速で達成してしまうことから、「ワイルドスピード森川」という異名が付けられました。

そのため、森川葵さんは、身体能力が高く、運動神経が良いのではと噂になっています。

実際はどうなのでしょうか?

実際には、森川葵さんは運動神経が抜群に良いというわけではないことが分かりました

2019年映画『賭ケグルイ』の先行上映会で「剣を持って走るシーンが出来なくて唯一落ち込んだ」と話していました。

走るシーンが出来ずに、監督に「3秒だけ」と言われたが、それも出来ずに1歩だけ走って、監督に編集してもらったそうです。

アクションやダンスも苦手で、共演者であった浜辺美波さんからも「運動神経が可愛い走りをしていた」と弄られていました。

森川葵さんは、運動神経が良いわけではないが、センスなどから偉業を達成できるのかもしれませんね

 

スポンサーリンク

森川葵はなんでもできるの?

森川葵さんあ、数々の偉業を達成していますが、本当になんでもできるのでしょうか?

森川葵さんが、番組内で達成した偉業は以下のものがあります。

  • ダイススタッキング
  • テーブルクロス引き
  • カード投げ
  • 水切り
  • けん玉
  • クリーンゲーム
  • ロックバランシング
  • テーブルクロス引き
  • カード投げ
  • ビリヤード
  • 皿回し
  • アーチェリー
  • 飴細工
  • ラテアートなど

 

今回は、数々の偉業の一部を紹介していきたいと思います。

1.スポーツスタッキング

森川葵さんの天才技が有名になった技の一つが、このスポーツスタッキングです。

スポーツスタッキングとは、プラスチックのカップを積み上げて元に戻すまでの速さを1000分の1秒単位で争う競技です。

森川葵さんは、番組内でこのスポーツスタッキングの3つの種目で日本記録を破っています

そして、日本代表選考の記録会でも「3-3-3」という種目で日本新記録を更新し、悲願の日本代表入りを決めました。

2023年11月にはアジア大会に出場し、団体種目「3-6-3タイムリレー」で金メダル、師匠の瀬尾剛さんとペアを組んだ「ダブルス」で銀メダル、個人種目の「3-6-3」で銅メダルを獲得しました。

 

2.けん玉

森川葵さんは、世界でも5人しかできないという最高難易度の縦5連続けん玉を成功させました。

けん玉の世界王者でも最初は、1日で出来なかったこの技を、なんと森川葵さんは1日で達成してしまいました。

バランス感覚やセンスがあるのかもしれませんね。

3.ろくろアート

森川葵さんは、番組内で世界で1億4千万回再生されバズったろくろアートに挑戦しました。

ろくろアートとは、ろくろを回しながらペンでアートを描くというものです。

森川葵さんは、この技をなんと16回目の挑戦で描くことに成功しました。

運動神経だけではなく、絵の才能もあるのかもしれませんね。

4.ダイススタッキング

数々のスゴ技の中でも森川葵さんの代名詞ともいえるものは、「ダイススタッキング」です。

ダイススタッキングとは、さいころをカップの中で振り、遠心力で何段にも積み上げて立たせるという技です。

手品などでもよく見られ、難しいと言われている技です。

森川葵さんは、4つを積み重ねることに挑戦しました。

なんと、森川葵さんは、わずか10分で成功させています。その後ダイススタッキングの様々な技も、続々と成功させています。

この成功以来、森川葵さんのダイススタッキングは有名となり、出演した映画『賭ケグルイ』でも華麗なダイススタッキングを披露しました。

スタントマンではなく、実際に森川葵さんが行っています。

5.アートバランス

アートバランスとは、空き瓶やグラスを使いながらバランスを取ってアートを作るという技です。

森川葵さんは、アートバランスもかなり早いスピードで習得していき、最高難易度と言われるアルティメットタワーも成功させています。

達人ですら難しい技を成功させたことにより、達人も涙するほどの技でした。

 

6.カード投げ

カード投げとは、カード投げ専用トランプを使用し、自由自在にカードを操り技を成功させていきます。

森川葵さんは、最初は出来ずに、250回以上投げ続けていました

しかし、何度も挑戦していく中で、コツを吸収していき、急成長を遂げ、最後には完全にカード投げを習得していました。

芸能界でも成功させた人もいない、5mm幅にカードを通す難易度の高い技も、達人よりも早い回数で成功させています。

 

7.水切り

水切りとは、石を水面に投げて、石が水の上を弾んで飛んでゆくようにする遊びが、競技となっています。

女性の日本人王者レベルで、15回と言われています。

それをなんと森川葵さんは、22回バウンドを成功させています。

しかし、「水切り」は、天候、風、石の薄さ、力加減、投げ方などいろいろな条件が整う必要があり、一番過酷で辛く、難しかったと話しています。

 

8.テーブルクロス引き

森川葵さんは、テーブルクロス引きの中でも、グラスタワーでのクロス引きに挑戦しました。

芸能界では、グラスタワー5段のテーブルクロス引きを成功した人はいません

その中で、森川葵さんは、最初から最後までグラスを割ることなく、ノーミスでクリアしました。

 

森川葵のなんでもできる理由は?多彩な才能の裏側に迫る!

森川葵さんは、番組内で数々の技を成功させていることから、「天才」「なんでもできる」と評されています。

その理由としては、森川葵さんの手先の器用さと驚異的な上達スピードだと言われています。

森川葵は手先が器用!

森川葵さんは、趣味が編み物です。そのため、手先が器用なのだと思われます。

また、森川葵さんは工芸高校出身でインテリア科を専攻しており、家具や建具、証明などの内装や仕上げについて学んでいたそうです。

そのため、昔から手先が器用であり、手先を使うことが得意だったのかもしれませんね。

森川葵は驚異的な上達スピードを持っている

森川葵さんは、達人たちが長い年月をかけて習得してきた技術を、ほとんどが1日や数回の練習で習得してしまいます。

その上達の速さには、視聴者だけでなく、達人たちも驚きを見せています。

そのため、「ワイルドスピード森川」と言われるようになりました。

森川葵さんは、「私は出来る」と自分を信じる力や、自己啓発の姿勢を持っています。

また、何にでも「やってみます」と挑戦する姿勢があり、その意思も成功への秘訣なのかもしれません。

 

森川葵の集中力の秘訣は?

森川葵さんは、スゴ技を達成するときの集中力が凄いと言われています。

この集中力は、森川葵さんの意識と日々の行動の積み重ねによって形成されています。

森川葵さんは、「常に時間をムダにしたくない」という意識があるそうです。

そのため、私生活では常に2つのことを同時に行うことが習慣となっているそうです。

YouTubeの配信でも、英語を勉強しながらゲームをするなどしていることが明らかになりました。

常にその習慣があることにより、一つのことをするとなると二つ分の集中力が一つになり、驚異的な集中力となるのかもしれませんね。

まとめ

森川葵さんの運動神経の真相と、なんでもできる理由や集中力の秘訣について紹介しました。

 

  • 運動神経は普通、走るの苦手
  • ダイス、けん玉など多才
  • 日本記録更新のスタッキング
  • 編み物好き、工芸高校出身
  • 二つ事同時進行で集中力アップ

 

森川葵さんは運動神経が普通ながら、ダイスやけん玉など多様な技術に優れ、スポーツスタッキングで日本記録を更新。

編み物好きで工芸出身、複数のことを同時にこなす習慣から驚異的な集中力を持つ多才な人物でしたね。

森川葵さんは、持って生まれた才能もあるかもしれませんが、ご自身の努力により様々な偉業を成し遂げていることが分かりました。

これからも多くの偉業が成し遂げられるかと思うと楽しみですね

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事